あがつま腰痛堂

各施設での抵触する法律。

療術院

  • ジャンル:医業類
  • 管轄:厚生労働省
  • OK:療術行為(治療行為、健康に関する行為)
  • 例:四肢脊椎姿勢(カイロプラクティック・漢方導引など)
  • 例:精神反射(リフレクソロジー、アロマテラピー、カラーテラピーなど)
  • 例:医療認可の器機(光線、赤外線、磁気、マッサージ機など)
  • NOT:医療、柔道整復、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう
  • NOT:筋萎縮部へのほぐし手技
  • NOT:習俗的なマッサージ
  • NOT:医療認可のない健康器具機器の使用
  • 広告:癌、不妊症など対象の制限あり

整体院・ほぐしサロン

  • ジャンル:習俗類 例:銭湯など
  • 管轄:総務省
  • OK:緊張緩和(ストレスリラクゼーション)
  • 例:リラクゼーションマッサージ(あん摩マッサージ指圧、ほぐし類)
  • 例:美容施術
  • 例:医療認可のない健康器具機器の使用
  • NOT:医療、柔道整復、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう
  • NOT:四肢脊椎姿勢(カイロプラクティック・漢方導引など
  • NOT:精神反射(リフレクソロジー、アロマテラピー、カラーテラピーなど)
  • NOT:健康や治療改善のマッサージ
  • NOT:医療認可の器機(光線、赤外線、磁気、マッサージ機など)
  • 許可:健康器具、習俗的な慰安マッサージ(温泉マッサージ)
  • 広告:自由

接骨院、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう院

  • ジャンル:医業類
  • 管轄:厚生労働省
  • OK:治療行為、健康に関する行為、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう
  • 柔道整復:脱臼、骨折の応急処置
  • 柔道整復:捻挫打撲の処置
  • あん摩マッサージ指圧:筋萎縮部へのほぐし手技
  • はり:鍼刺激
  • きゅう:灸による温熱血行促進
  • 健康保険の器機:(低周波など)
  • NOT:医療
  • NOT:四肢脊椎姿勢(カイロプラクティック・漢方導引など
  • NOT:精神反射(リフレクソロジー、アロマテラピー、カラーテラピーなど)
  • NOT:習俗的な慰安マッサージ
  • NOT:医療認可の器機(光線、赤外線、磁気、マッサージ機など)
  • 規定:免許記載の施術に限定
  • 広告:従来の通り免許記載に限る インターネット広告禁止
  • 免許以外の混在は禁止

病院・医院

  • ジャンル:医業
  • 管轄:厚生労働省
  • OK:医行為
  • OK:治療行為、健康に関する行為
  • 医師:医療
  • 医業類:柔道整復、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう
  • 器機:健康保険の器機(低周波など)
  • NOT:四肢脊椎姿勢(カイロプラクティック・漢方導引など
  • NOT:精神反射(リフレクソロジー、アロマテラピー、カラーテラピーなど)
  • NOT:習俗的な慰安マッサージ
  • 注意:自由診療の器機(光線、赤外線、磁気、マッサージ機など)
  • 注意:保険適応以外の機器の混在は混合診療
  • 許可:医師免許と柔道整復、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう免許の範囲
  • 自由診療と保険診療の混合診療の禁止
  • 規定:免許記載の施術に限定
  • 広告:免許の記載およびインターネットも可

経緯

  • 1947年、あん摩・マッサージ・指圧・鍼・灸のみ許可、その他すべて禁止

    /////経緯その他の各施術法は既得権者のみ許可、つまりその人が死亡・廃業した場合は断絶/////各施術法も「あん摩・マッサージ・指圧・鍼・灸」と同じように法律上に合法かつ有効な治療として存在していたことは歴史的な事実

  • 1954年、判例で免許の「あん摩・マッサージ・指圧・鍼・灸」と各施術法の様式や範囲など大前提の規定が公式に定まった。
  • 1960年、各療法は既得権者以外でも業として行うことができるように公式に決まった。

    /////業とは法律用語で継続持続可能な状態でおこなうこと、利益を上げるとかいう金銭の話ではない。

  • 1990年、バキバキが代名詞のスラスト技が禁止された。これ以後は治療法としてスラストを使うと違法になる。

    /////2010年代でいう整体サロンならば習俗としてバキバキのスラストは行えることになる。

  • 1996年、患者が自分で事前にレントゲンなどで自分の症状を確認することが推奨されている。腰痛における突出した椎間板の整復は医師の治療(手術)となった。

    /////同時に禁避症が発表され、治療契約上の施術注意義務が発生した。これにより、療術院では診療契約の体系が異なるとされ、医師・接骨院や按摩指圧マッサージ院鍼灸院では療術が行えなくなった。平成時代の日本の療術院の復活となる。

  • 2010年代、腰痛における椎間板ヘルニアの手術は、数年ごとのヘルニアを招くとして無効な手術となった。この結果、椎間板にかかる圧力があることがわかり、椎間板ヘルニア症における脊椎姿勢療法の姿勢という部分が注目されている。
  • 2015年ぐらい、整体院というほぐしマッサージ店の増大に伴い、厚労省の規制は治療健康に関することで法律の穴にあるこれらのサロンを総務省が習俗的マッサージ店として業務を承認。治療院でなければバキバキのスラストは行える。

    ///// 同時に全国的に接骨院、あんま指圧マッサージ院、鍼灸院での免許範囲への指導が保健所から市町村に移行され厳重に指導されてきている。

  • 2016年、新時代に突入。カイロプラクティックを含め療術院の最先端では腰痛やその他の慢性症には原因の他に、外因・誘因があるとの推定が行われている。

    /////今のところ、これを「記憶」といっているが、当院は脳ストレスによるアミロイドベータ蓄積の加齢、もしくはテストステロンなど脳起因の自律神経失調症とみている。