あがつま腰痛堂

当院は療術施術所の正しい運営の講習を受けています。

  • 東京都福祉保健局施術者
  • 消防法乙種防火責任者
  • 日本補完代替医療学会正会員

東京都福祉保健局施術者講習会(修了証取得)は二日間で行われ、法規や施術などの講習を受け「療術施術所の正しい運営の講習を受けた施術者」として東京都保健局の療術者名簿に載るとのことです。東京都内に限ったものではなく「施術者として正しく運営する知識を有する」という証です。分院の浦和院(埼玉県さいたま市)においても東京都福祉保健局施術者証で運営していることに問題はありません。※法律上は療術を行うのに必要はありません。

当院はできる限り公正で公共の福祉(公共=社会、福=豊か、祉=幸せ)になるように努力しております。

整体の法律ページで「法令名」で誤りがあるとの指摘があり順次校正します。

「モビリゼーション系」新時代の整体法

二十歳そこそこで父が肝臓癌で亡くなり、関東有数の進学高校を出て大学まで行って、なんでまた整体?。ハイ、喘息で通産省の研究所やめてから整体師になる前に「あがつま腰痛堂(兄)」は医学部受験したことがあるんです。医学部は経済的にもこれ難しい。法律上接骨院やマッサージ師になったら新しい治療法はできない…つまり医者か?すでに継いでいた弟と一緒に整体師か?いうところです。

データ

関東信越厚生局柔道整復療養費に関する議論の整理(平成28年9月23日医療保険部会柔道整復療養費検討専門委員会)(PDF:228KB) 。接骨院や整骨院が、最近になって使う『亜急性?』という言葉、『長期や回数が多い場合のぶり返し症?や、近接部位の波及?』などの近年の整骨院の施術に再検討が行われています。わお、亜急性?(聞いたことがない)亜脱臼のパクリ?…「亜脱臼論は治る」からパクリが出るというわけです。

あえて免許じゃない整体やカイロをやったわけで、治るからですよ。柔道整復師が脊椎姿勢療法を行えるのであれば、25年前に柔道整復師になっていましたよ。保険も使えるしね。今も昔も柔道整復師免許じゃ法的にはできませんから、亜急性なんて言うことを言いだしているわけです。もちろん、亜急性?なんて上記の厚生局からクレームが入っています。神田院長は医学部だって受けたことあるし、南浦和院長は司法試験受けていたんですから、難しいといっても受験したら受かんないわけありません。