安心なら東京都福祉保健局療術資格の当院へ、体のゆがみからの肩こり・胸郭出口・肩頸腕症、膝関節症から腰痛・坐骨神経痛まで、昭和初期に旧台湾総督府熱帯医学研究所獣医師により改良された台湾導引整体。肩甲骨はがし、骨盤調整も漢方導引へ!

あがつま腰痛堂

整体

東京神田あがつま腰痛堂 秋葉原の治療整体院
正しく立ち 正しく歩く 健康は姿勢

03-3257-0830   048-885-0350 

腰痛治療といえば あがつま腰痛堂

エキテン・クチコミ掲載中

あがつま腰痛堂

あがつま腰痛堂は胸郭(肋骨の動き)=伝統の呼吸を意識した 坐骨神経痛 脊椎間狭窄症 椎間板ヘルニアなど腰痛の専門院です。現在までに大相撲力士、パワーリフティング世界チャンピオン、プロ競技社交ダンス選手、MOTOGPライダー、マスターズ水泳35歳区分日本3位を担当 JR神田・秋葉原駅、5分 JR南浦和駅、2分

当院は東京都福祉保健局施術者講習会終了証取得、肩こり腰痛から内科まで、疾病の治療や健康の保全を目的に広く症状を扱う療術者のカテゴリーで、正式に東京都福祉保健局に氏名住所など開業者の登録を行っています。さいたま市は制度がないため非公式ですが、25年前に保健所に申請しております。

 あがつま堂・ふれあいの特質

当院は過去に『広告代理店・博報堂』の行った一般アンケートにて『良い』の上位に記録され個人事業者ながら直接取材を受けました。※度々見かける自作自演の【患者さんのさくら】ではありえないことです。あがつま腰痛堂は、坐骨神経痛 脊椎間狭窄症 椎間板ヘルニアなど腰痛の専門院です。脊椎姿勢療法群の漢方導引

 エビデンス=均質と安定

 民間免許のエビデンスとは、歴史的、社会学的な経験則です。ですので「迷信やハズレ」もあります。だからこそ長く開業しているところを選ばなければなりません。

逆に国家資格のエビデンスは、正規の大学や研究所によって「数年~十数年をかけてデータをとり科学的根拠と実証実験を通して証明されたもの」で、ほぼ全員の方にほぼ同じ効果が出ます。

例えば、仙腸関節という骨盤の関節があります。整体やカイロプラクティックなど姿勢骨格療法家は「仙腸関節は動くもの!」といってズレを治す手技を開発して腰痛などを治してきました。医師や柔道整復師では「仙腸関節は動かないもの」として仙腸関節は治療してきませんでした。

医学界で数年前に「仙腸関節は動く」という衝撃のエビデンスが発表されました。これによって「数年か十数年後には仙腸関節由来の症状と効果」の実証実験と作用根拠が発表されて、整形外科や接骨院で健康保険治療が行われることになるかもしれません。

民間免許はデータ取り、作用根拠、実証実験を必要としません。物理的危険がないこと、歴史的な認知があればよいのです。姿勢骨格療法ではすでに100年前より仙腸関節調整の恩恵を患者さんは受けてきました。国家免許は確実に効きますが、治療法が認証されるまで時間がかかります。仙腸関節可動の証明に100年もかかったわけです。

さて、あなたは100年待ちますか?私なら数年でも待ちません。なぜなら、国家機関で証明されていなくても仙腸関節は動くのが真実だったからです。

導引

国家免許による施術詐欺
もちろん整骨院の整体・骨盤調整や肩甲骨はがしの実態や副作用は、国家機関が研究しておらずエビデンス(証明)がありませんので本当は国家免許施術所=整骨院では施術できません(何度も厚労省などから注意や警告が出ています。)。

国家免許の試験には捻挫骨折脱臼という怪我治療の試験です。整体やカイロプラクティック科目・骨盤調整や姿勢脊椎の調整の概念はありません。試験に出なく、さらに看板に書いてはいけないものを学校で教えるはずはありません、学校の内容も法律で規定されています。ネットで調べてみたら、柔道整復師養成学校でカイロプラクティク講座をオプションで設けているところがありました。講習があり、複雑だからやめなさいとわからせるのではなく、積極的に国家免許だから短時間で程度知れた小冊子を読んで『亜捻挫』という意味不明の論拠をねつ造し、捻挫の要領で保険使って堂々と看板にも書いてやっちゃおうというのですからお粗末です。(実際に柔道整復師が接骨院で起こした頸椎骨折の事故があり、現在の国家免許には整体を行う能力技術は含まれないと判断されました。この事件を基に民間免許者には『要熟練という施術基準』が立てられています。)

整形外科医から見た柔整師
国家免許による詐欺的な施術が横行しています。
整形外科医からの疑問…「打撲や捻挫だけを扱う柔整師が、整形外科の診療費の約3分の1を占めているのはおかしい」※そんな多数の捻挫や打撲の人がいる訳がない… 会計検査院:参考

厚生労働省の意見…柔道整復師が腰痛や肩こりなどに対して、肩甲骨や骨盤・脊椎ゆがみとして「捻挫の前の段階の捻挫が起きている=亜捻挫」の主張。※整骨院へ通達を出しています。実質的な国家免許による整体禁止。 関東信越厚生局:参考

インタビュー:板室温泉病院 大井淑雄 氏 webひーりんぐマガジン
 HOME〉情報記事〉単発記事〉整形外科医から見た柔整師 より
※webひーりんぐマガジンで公開されています。
テレビなどのマスコミで医師や柔道整復師が色々な方法をうたっていますが、国家免許によって登場しているわけですから、大学や研究所などでの正規のエビデンスが必要なのです。エビデンスがない施術ないし自己ケアについて国家免許者は発言も許されません。エビデンスはないけれど真実であることを探し行うのが民間免許(民間団体)です。
導引
導引

昨今、整体は治らない?
当グループの導引整体理論
当院が行う導引とは、昭和初期に旧台湾総督府熱帯医学研究所軍医重視少佐が、当時日本に入ってきたカイロプラクティックと台北市の治療師より教えられた導引の改良版です。古式整体法です。もちろんカイロプラクティック資格も取得していますし、古来の自己ストレッチである自彊術体操も少なからず受け継いできました。

近年、整体やカイロプラクティックは高いし治らないという声を聴くようになりました。それなら、安全な体の動かし方や作用は熟知しているなら、ほぐし屋さんや整骨院で安くやってもらう方が良いという声も多く聞きます。

治らなくなっている問題は、皆さんの急激な生活様式の変化への対応が立っていないところが多いからです。

整形外科では大変よく効く鎮痛剤入りの湿布が開発されたそうです。一度は患者さんに使ってみてもらったらいかがでしょうか?と当院にお越しの医師の方が紹介してくれました。

この10年ですっかりスマホが定着し、前傾首(ストレートネック)が急激に問題になってきたことに関係が深いといえます。この数年の腰痛は首からの影響を排除する必要があるわけです。国家免許が良いというなら、作用が広範囲に及ぶ頸椎なのでこれからエビデンスをとれば一体何十年かかるのかわかりません。

当院では、1998年にWindows98・PCが一般的になって、医師や接骨院鍼灸では治療が思わしくなかく、つまり、それまでほぼ見られなかった胸郭出口症候群や肩頸腕症候群(新型五十肩=凍結肩)の激増にすぐに対応し確実に治してきました。

米国内科学会と米国疼痛学会は2007年ガイドラインにおいて、セルフケアで腰痛が改善しない場合に医療者が考慮すべき補完療法の選択肢の一つとして、脊椎の徒手整復術を挙げました。もっともよくみられる副作用は、疲労感や一時的な痛みなどで、一般に軽微…とのことです。抜粋2014年3月28日

姿勢

お知らせ

  • 当院の東京都登録への質問について:施術者の東京都福祉保健局登録(都庁)です。【東京都福祉保健局施術者講習会終了証取得※区役所(保健所)の施設登録とは違います。】
  • 06月27日:誤記の校正を開始しました。お待ちください。
  • 誤記1:あはき法とは「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」
  • 誤記2:「あはき法と法的に同じ拘束を受ける(出典:医療従事者のための補完・代替医療・今西二郎より抜粋)」は「同法の禁止規則及び医師法薬事法に抵触しないこと」の意として用いている分かりやすく改善
  • 12月22日:acf3ru0cn30.php問題修正済
  • 12月11日:acf3ru0cn30.phpはphpバージョンが古いため告知されています。閲覧上の問題はありません。修正更新中
  •       クレジットOK